アラスカ州とカナダのユーコン準州は、その素晴らしい自然の景色と興味深い歴史のせいで、近年人気のある観光地となっています。アラスカ州内陸部は、オーロラを観たり自然公園を探索するのに最も人気のある観光地である一方で、隣接のユーコン準州もそのゴールド・ラッシュの歴史と見事な景色が魅力的な観光スポットです。そのため、多くの観光客がアラスカ州とユーコン準州の様々な場所を最小限の手間で旅行できることに驚いています。 その答えはチャーターサービスにあります。多くのチャーター会社が、アラスカ州とユーコン準州の主要都市、また道の無いさらに小さな場所を結ぶフライトやバスを提供してします。次に、アラスカ州とカナダのチャーターサービスと、提供されている内容についてご紹介します。 アラスカ州とカナダのチャーターサービス アラスカ州とカナダ北部は、極端な天候と発達が不十分な交通網のため移動が難しいことで有名です。危険な冬と荒涼とした地形が、アメリカ合衆国本土で使用されているタイプの大規模な高速道路の建設をすることを非現実的にしています。ですからこの地域の多くの主要道路は狭く、しばしば舗装の代わりに砂利が使用されています。南部地域と比較してこの地域の少ない人口も、大規模な高速道路の建設は費用効率が高くないことを意味します。同じ理由で、この地域の鉄道輸送も未発達で、フェアバンクスとスワード間のアラスカ鉄道が唯一の主要鉄道網となっています。 このため、アラスカ州とユーコン準州の主要な移動手段は空輸となります。多くの小規模な地域では道路網が完全に欠如しているため、民間のパイロットやチャーター会社がこれらの町を周りの社会とつなぐ唯一のリンクとなります。これらの地域の多くの道路を移動することも、悪天候や大抵の場所での設備不足のため、準備ができていない自動車ドライバーにとって危険です。そのため、多くの観光客はチャーターサービスを利用してこの地域を安全に移動することを選択しています。 航空チャーターサービスは、スケジュールに基づいてカスタマイズされたフライトパッケージ旅行を提供するという点で、従来の航空会社とは異なります。決められた時間に出発して到着する代わりに、チャーター航空会社はあなたが選んだ時間にあなたを迎えに行き目的地まであなたをお連れします。チャーターサービスも、円滑な旅行を確実にするレンタカーやガイド付きサービス、またその他の設備といったさまざまな機能を提供しています。 アラスカ州とカナダを横断するもう一つの選択肢は、チャーターされたツアーバスです。このバスはカスタマイズされた出発・到着時間だけでなく、旅行中に最も重要な目的地のいくつかに行くことができる旅行日程も提供します。もしアラスカ州を陸路で旅行し道中の重要な観光スポットを訪れるだけでなく、見事な山や谷、また氷河も堪能されたいのでしたら、チャーターバスは最適でしょう。 多くのチャーターバスサービスが、従来のバス輸送会社をはるかに超えたサービスを提供しています。例えば、多くのチャーターバスでは、快適な乗車中にアラスカ州の歴史や文化を説明するツアーオペレーターが同乗しています。チャーターバスサービスは、デナリ国立公園やアラスカ横断パイプラインなどの重要な目的地を訪れるお手伝いもできます。 アラスカ州とユーコン準州の主要都市間のバスサービスを提供する、数多くのツアーオペレーターがいます。一般的なチャータールートは、アンカレジからスワード、またはホイッティアという、アラスカクルーズの出発点までお連れします。これらのチャーターツアーでは、時間通りにクルーズ船にお連れするだけでなく、道中に多くの景色やざわめきに浸っていただくこともできます。 また、多数のチャーターバス会社が、アンカレッジとフェアバンクス間、フェアバンクスとドーソン・シティ間、またフェアバンクスとプルード・ベイ間のサービスを提供しています。多くの観光客は、さらに極端な天候やこれらの都市間を結ぶ道路が離れていることから、この地域ではチャーターバスを選択しています。例えば、フェアバンクスとドーソン・シティ間を結ぶテイラー並びにトップ・オブ・ザ・ワールド・ハイウェイは、悪天候のため冬季は閉鎖されますが、フェアバンクスとプルード・ベイ間のダルトン・ハイウェイは、天候や砂利道、またハイウェイのいたる所が安定していないため、準備のできていない自動車ドライバーには、危険性が高いとみなされています。 結論 アラスカ州あるいはカナダ北部を訪れる場合、チャーターサービスが最適な選択肢です。この地域のさらに遠く離れた場所を訪れる計画をされている場合、チャーター航空サービスが、目的地へ出入りする唯一の選択肢かもしれません。フェアバンクス、アンカレッジ、ドーソン・シティなどの主要な目的地間の一般的旅行の場合は、チャーターバスサービスが安全に目的地へ到達できるだけでなく、道中の観光名所をより簡単に楽しむこともできます。アラスカ州とカナダでのチャーター旅行に関心がお有りの場合は、どのタイプのチャーターサービスがご予算に合いニーズを満たすことができるかを確かめて選択肢を検討してください。

Read More

アラスカ州と隣接するカナダ領土の歴史は、1800年後半から1900年初頭のクロンダイク・ゴールド・ラッシュと密接に結び付いています。ユーコン準州で金が発見されて以来、アメリカ合衆国やカナダから何千人もの鉱山労働者が裕福になることを夢見て北部に移住しました。このゴールド・ラッシュは、アラスカ州とユーコン準州にまたがる多くの都市や村を生み出すに至り、おそらくゴールド・ラッシュが始まったドーソン・シティは最も重要な都市でしょう。 現在、ドーソン・シティはわずか1、000人の小さな町ですが、カナダとアメリカの歴史において重要な場所であり続けています。カナダのドーソン・シティの歴史については、この先を続けてお読みください。 カナダ、ドーソン・シティの歴史 歴史の大部分において、ドーソン・シティ周辺の地域は、遠く離れていることと資源不足で知られていたせいでほとんど人が住んでいませんでした。先史時代、先住民領土であるトロンダック・フエシュインは、農業用地としてこのドーソン・シティ地域を使用していました。この先住民族は、ユーコン川とクロンダイク川の合流点を拠点とし、現在のドーソン・シティのすぐ向かいに漁獲野営地、トロチャクを建てました。トロチャクはヘラジカ狩猟地区としても使用され、その後カナダの国立史跡として知られています。 ヨーロッパ人が北米を植民地化し始めた頃、現在のユーコン準州は当初ハドソン湾会社によって探険され、同社がルパート・ランドを支配していました。これは、現在のオンタリオ、ケベック、マニトバ、サスカチュワン、アルバータなどのカナダ州、またミネソタ、ノース・ダコタ、サウス・ダコタなどのアメリカ州の一部となる広大な領地でした。ハドソン湾岸会社はユーコン準州に多くの交易所を設立しましたが、1859年にノースウエスタン・テリトリーとして合併するまで、その地域に対する支配権を正式に主張しませんでした。 1867年のカナダ連合に続いて、ハドソン湾岸会社は1870年にルパート・ランドとノース・ウエスタン準州の支配権をカナダに移管し、ノース・ウエスト準州として一つの準州に再編成されました。ユーコン準州とドーソン・シティ地域の開拓地は、何千もの鉱山労働者にこの地域への移住を促した近隣で金が発見された1896年まで、貧しいままでした。 ドーソン・シティは1897年に設立され、その10年前にユーコン準州地域の地図を作成したカナダの探検家、ジョージ・M・ドーソンにちなんで名が付けられました。1年も経たないうちに、ドーソン・シティの人口は40、000人に増加しました。入植者の突然の流入により、1898年、カナダ政府はユーコン準州を独立した地域として設立し、地方自治体が新規参入者のニーズにより容易に対応できるようになりました。ドーソン・シティは、1952年までユーコン準州の首都としての役割を果たしました。 クロンダイク・ゴールド・ラッシュは1899年に終わりを告げ、ドーソン・シティの人口を大幅に減少させる原因となりました。ドーソン・シティは1902年に正式に設立されましたが、その時点で人口は5、000人以下に減少していました。市はアラスカ州フェアバンクスをカナダやアメリカ合衆国へ接続させるハイウェイであるアラスカ・ハイウェイが、計画通りにドーソン・シティを通過せず約483キロメートル南部を迂回した1940年代にさらなる打撃を受けたのでした。経済が悪化し人口が減少し続けたため、1952年にユーコン準州政府は首都を、アラスカ・ハイウェイ沿線にあるはるかに大きな都市、ホワイトホースに移しました。 1960年代と1970年代の最悪の時期には、ドーソン・シティの人口は600人までに減少しました。しかし、それ以降この市は経済の復興を遂げました。砂鉱床採掘のような近代技術により、ドーソン・シティ地域の金採掘が再び利益を上げ、市もクロンダイク・ゴールド・ラッシュの歴史に興味を持つ観光客から利益を得ています。これは輸送の改善によって促進されたもので、1950年代、ドーソン・シティはテイラーおよびトップ・オブ・ザ・ワールドのハイウェイ経由でフェアバンクスに結び付き、1955年にはクロンダイク・ハイウェイが、ドーソン・シティをホワイトホースとスカグウェーのアラスカ・パンハンドルと接続しました。 1978年、ドーソン・シティは、ドーソン映画の発見で再び有名になりました。定期的な発掘の最中に、建設作業員が永久凍土に埋もれた500本を超える無声映画の在庫を発見しました。これらの映画は1903年から1929年の間に製作されたもので永久に紛失したと考えられていた多くの映画を含んでいました。つまり永久凍土の極度の寒さが劣化と摩耗を防いだのでした。これらの映画は火炎性の高いニトロセルロースのフィルムに印刷されており、カナダ軍を介して消去する必要がありましたが、カナダの図書館と公文書館、そしてアメリカ議会図書館に分類かつ保管されました。 ドーソン・シティは、アメリカ人作家のジャック・ロンドンによる多くの短編小説などの舞台として、おそらく最も知られているでしょう。彼の最も有名な作品である「野性の呼び声」はこちらが舞台になっています。ロンドンは、ドーソン・シティに1897年から1898年まで住んでいました。ドーソン・シティは、「サム・マギーの火葬」や「ダン・マックグルーの射撃」という詩で最も有名なイギリス系カナダ人の詩人、ロバート・W・サーヴィスでもその名が知られています。 結論 ドーソン・シティはもはやユーコン準州とアラスカ州地域の支配的都市ではありませんが、極北の鉱業および観光事業の重要なハブであり続けています。観光客がちはドーソン・シティに押し寄せ、クロンダイク・ゴールド・ラッシュの歴史について学んだり、シティの美しい景色に目を奪われます。もしアラスカ州を訪れる予定でしたら、ユニークな歴史を誇るドーソン・シティまで足を伸ばされることを是非お勧めします。

Read More

アラスカ州内陸部を訪れる多くの人たちは、隣接のカナダ領土であるユーコン準州にも、その二地域の近さと密接な関係のある歴史を考慮して足を延ばします。ユーコン準州の主要な観光地はドーソン・シティで、この領土で第二に大きな都市でありクロンダイク・ゴールド・ラッシュの歴史的中心地でもあります。ドーソン・シティがアラスカ州最大の都市の一つであるフェアバンクスに近いことからも、多くの観光客が二都市間を簡単に移動できることに関心を持っています。 フェアバンクスからドーソン・シティへの移動は、未整備な交通基盤と極端な天候のせいで幾分難しくはありますが、ほぼ一年を通して可能です。フェアバンクスからドーソン・シティまで簡単に移動できる方法を、次にご紹介いたします。 フェアバンクスからドーソン・シティへ行く方法 フェアバンクスとドーソン・シティは比較的近い距離にありますが、二都市間には多くの交通網がありません。これはドーソン・シティの比較的小さな規模と孤立した場所によるものです。フェアバンクスとアンカレッジがアラスカ鉄道で接続されている例とは異なり、二都市間には鉄道路線がありません。夏季には季節チャーター機がありますが、二都市間の定期便は利用できません。 道を外れずにフェアバンクスからドーソン・シティへ行く最も簡単な方法は、テイラー・ハイウェイとトップ・オブ・ザ・ワールド・ハイウェイを経由することです。テイラー・ハイウェイは、フェアバンクスの南東にあるテトリン・ジャンクションからカナダ国境近くの小さな町イーグルに延びる約257キロメートルの道路です。ジャック・ウェイドのトップ・オブ・ザ・ワールド・ハイウェイと交差し、このハイウェイでドーソン・シティのすぐ外側であるユーコン準州のウェスト・ドーソンまで接続することができます。テイラー・ハイウェイは1953年に一般利用に公開されましたが、トップ・オブ・ザ・ワールド・ハイウェイは1955年から運営されています。後者の名はその標高の高さに由来しており、ドライバーが谷や山を楽しむことができます。 タイラー・ハイウェイには、フェアバンクスからアラスカ・ハイウェイ経由で行くことができます。テイラー・ハイウェイの多くは砂利道で、ハイウェイの最初約97キロメートルのみ舗装されています。これは天候と費用が原因です。トップ・オブ・ザ・ワールド・ハイウェイのアメリカ側の一部は舗装されており、カナダ側の道路はほとんどが砂利道となります。 天候の関係で、冬季にはテイラー・ハイウェイとトップ・オブ・ザ・ワールド・ハイウェイの両方が自動車ドライバーに閉鎖されます。スノーモーバイラーが、冬季にテイラー・ハイウェイを利用する間、車やバスはその時期は横断することができません。トップ・オブ・ザ・ワールド・ハイウェイは、冬の間スノーモーバイルを含むすべての交通が閉鎖されます。それは道路に沿った木が不足しているため、悪天候時の移動が安全ではないためです。 トップ・オブ・ザ・ワールド・ハイウェイは、自動車ドライバーがユーコン川経由でドーソン・シティに行くために利用するウェスト・ドーソンのカーフェリーに接続しています。このフェリーも冬季閉鎖されますが、地元の自動車ドライバーは二都市間の移動にこの期間はアイスブリッジを利用します。ユーコン準州政府は、ウェスト・ドーソンとドーソン・シティを結ぶ橋の建設を計画していますが、地元の反対により建設は行き詰まっています。 トップ・オブ・ザ・ワールド・ハイウェイ沿線の国境手続きは、ポーカー・クリークリトル・ゴールド・クリーク国境検問所で行われています。こちらは、アメリカ・カナダ国境沿線の唯一の共同利用国境検問所の一つとして知られています。アラスカ州とユーコン準州間には一時間の時差があり、後者が前者より一時間進んでいます。国境検問所は午前8時から午後8時(アラスカ州時間)の間のみ業務が行われており、他のトップ・オブ・ザ・ハイウェイと同様夏季のみの業務となります。 テイラー・ハイウェイとトップ・オブ・ザ・ワールド・ハイウェイを、夏季には自動車ドライバーは簡単に移動できますが、運転を他の人に任せたい場合は、多くのツアーオペレーターが二都市間のシャトルサービスを提供しています。このツアーオペレーターの多くはガイド付きツアーも提供していますので、世界で最も記念に残る景色を楽しみながらアラスカ州とユーコン準州について知ることもできます。 結論 ドーソン・シティは極北で最も人気のある観光スポットの一つであり、多くのアラスカ州観光客が旅の一環として立ち寄っています。交通網が発達していないため、ドーソン・シティはアラスカ州の他の都市ほどフェアバンクスからの接続は良くないのですが、夏季は車やバスで行くことができます。レンタカーでご自分で道路を移動してもツアーバスに乗っても、テイラー・ハイウェイとトップ・オブ・ザ・ワールド・ハイウェイからアラスカ州とカナダの最高の景色をお楽しみいただけます。フェアバンクスからドーソン・シティに行く興味がお有りでしたら、移動の選択肢を調べて車での旅に出かける準備をしてください。ずっと思い出に残るような楽しい旅行になるでしょう。

Read More

アラスカ州への多くの旅行客は、州内のさまざまな都市間を旅行していることに気づくでしょう。最も重要な都市はアンカレッジとフェアバンクスです。アラスカ州の南海岸に位置するアンカレッジは、州最大の都市であり、多くの政府機関、自然の驚異、文化の中心地があります。フェアバンクスは、アラスカ州内陸部の奥深くに位置し、州のノース・スロープ(North Slope)、アラスカ国立野生動物保護区(Alaska National Wildlife Refuge)、その他多くの重要なアトラクションへの玄関口として機能しています。 両都市間の距離とアラスカ州の過酷な気候を考えると、どのようにして都市間を安全に移動できるのか疑問に思うかもしれません。ここでは、フェアバンクスとアンカレッジ間の移動方法をご紹介します。 フェアバンクスからアンカレッジまでの移動方法は? フェアバンクスとアンカレッジは、 300 マイル以上離れた場所にあり、これは圧倒されそうな距離です。ただし、州の最も重要な 2 つの都市として、道路、鉄道、空路を介して接続されています。 フェアバンクスとアンカレッジを結ぶ最も容易で簡単な移動手段は、飛行機です。複数の民間航空会社が、両都市間で毎日サービスを提供しています。さらに、アラスカ州の辺鄙さと農村地域では道路が接続されていないため、ブッシュ・パイロットが都市間、並びに人里離れた多くの小さなコミュニティ間でプライベートなサービスを提供しています。飛行機の旅の欠点は、 2 つの都市の間にある多くの景勝地を楽しむことができないことです。 フェアバンクスとアンカレッジ間を移動するもう 1 つの一般的な方法は、パークス・ハイウェイです。1971 年に完成し、元州知事のジョージ・アレクサンダー・パークス(George Alexander Parks)にちなんで名付けられたパークス・ハイウェイは 300 マイル以上の長さがあり、アラスカ州の 2 つの主要都市間を車で簡単に移動できます。パークス・ハイウェイを利用すると、近くのアラスカ・ハイウェイを経由してカナダへの道路アクセスも可能となります。アラスカ・ハイウェイは、フェアバンクスのすぐ南からブリティッシュ・コロンビア州ドーソン・クリークへと続いており、アラスカとより大きな北米道路ネットワークを接続しています。 州間高速道路ではありませんが、パークス・ハイウェイは完全に安全であり、出張や観光にかかわらず、毎日何千人ものモータリストが利用しています。パークス・ハイウェイは、アラスカ州の主要観光スポットの 1 つであり、北米で最も高い山であるデナリを訪れる最も簡単な方法です。デナリ以外にも、パークス・ハイウェイからはワシラ、タルキートナ、キャントウェルなどの重要な観光地へのアクセスが可能で、それぞれに重要な博物館や個性的なレストランやバーがあります。パークス・ハイウェイの大部分は無人ですが、車に燃料を補給したり、軽食や必需品を補給したりできる場所はまだたくさんあります。 パークス・ハイウェイは自家用車で簡単に移動できますが、多くの民間企業やツアー会社がアンカレッジとフェアバンクス間でバス輸送を提供しています。むしろ誰か他の人に運転を委ね、アラスカが提供する景色を楽しみたいのなら、バスかミニバンを採用することは魅力的な選択肢です。多くのツアー会社がガイド付きツアーを催行していますので、旅行の一環としてアラスカの歴史と文化について学ぶことができます。 最後に、フェアバンクスとアンカレッジ間で人気の移動手段はアラスカ鉄道です。フェアバンクスからアンカレッジまで、さらに南に向かってスワードまで延びているアラスカ鉄道は、人と物双方を州全体に輸送するための重要な動脈です。実際に、道路にアクセスできない多くの農村地域では、アラスカ鉄道が外の世界との唯一のつながりとなっています。1914 年に開通したアラスカ鉄道は、米国で最も古くから運行している旅客鉄道サービスの 1 つです。 アラスカ鉄道は主要な観光スポットであり、大型の窓を特徴とする客車からは外の景色を容易に見ることができます。デナリ・スター・サービスは、フェアバンクスとアンカレッジを結ぶ主要ルートであり、 デナリ国立公園(Denali National Park)とタルキートナに停車する旅を毎日提供しています。デナリ・スターは夏の間のみ運行しており、その他の期間はオーロラ・ウィンター・トレインが、フェアバンクスとアンカレッジ間の週末限定サービスを提供しています。両方の列車での移動には、山と谷の間を曲がりくねった線路があるため、パークス・ハイウェイよりもかなり長い時間がかかり、最大 12 時間かかる場合があります。アンカレッジとスワード、ホイッティア、さらに南にある他の都市を結ぶ短いルートも多数利用できます。 結論 アラスカの辺鄙さとその景色や観光スポットの広大さを考慮すると、旅を最大に活用するために州内の複数の場所を訪れたいと思うでしょう。アラスカでの旅行には、南の場所では見られない危険を含んでいますが、適切な注意をすれば州を歩き回ることはまだ容易で安全です。アンカレッジとフェアバンクス間の移動は、地元の人や観光客にかかわらず、毎日何千人もの人々が行っている簡単なことです。快適な自家用車から景色を見たり、ツアーガイドの詳細な説明を聞きながらバスでリラックスしたり、鉄道の客車からの眺めに浸ったりと、フェアバンクスからアンカレッジまで望む方法で行くことができます。

Read More

パークス・ハイウェイとして広く知られるジョージ・パークス・ハイウェイ(George Parks Highway)は、アラスカ州で最も重要で風光明媚なハイウェイの 1 つです。このハイウェイは 300 マイル以上の長さがあり、アラスカ州最大の都市、アンカレッジとアラスカ州内陸部最大の都市であり、北極圏への玄関口となっているフェアバンクスを接続しています。1971 年に完成したパークス・ハイウェイは、アラスカ州で最も重要な商業動脈の 1 つであり、車やバスでアラスカ州の 2 つの重要な都市間を移動することができます。 また、フェアバンクス近くのアラスカ・ハイウェイを経由してカナダへの直接陸路接続を提供しています。 パークス・ハイウェイは、美しい景色と国立公園や野生動物保護区が豊富にあることで知られており、アラスカ州の観光客にとっては最高の目的地となっています。ここでは、パークス・ハイウェイ沿いの最も重要な停車場所をいくつかご紹介します。 アラスカ州ワシラ アンカレッジのすぐ北に位置するワシラは、アラスカ州で最も古い都市の 1 つであり、この地域の主な観光地です。ここには歴史ある金鉱山であるオールド・インデペンデンス・マイン(Old Independence Mine)があり、観光客は川の中で砂金を採ることができます。ワシラには、「アイディタロッドの母」として知られるドロシー・ G ・ページの生涯をテーマにした博物館もあります。この地域のサービスセンターとして、ワシラはより離れた地域に行く前に軽食やその他の備品を用意するのに適しています。 ナンシー湖州立保養地 ワシラからさらに北にあるのは、野外活動愛好家に人気のあるナンシー湖州立保養地です。湖からは素晴らしい景色が見渡せ、釣り、キャンプ、カヌーもたくさん楽しめます。ナンシー湖州立保養地には、多くのキャンプ場のほかに、 13 室のキャビンがあり、一泊から宿泊できます。 アラスカ州ウィロー この眠ったような町は、有名なアイディタロッド犬ぞりレースの再開場所として知られています。また、アラスカ州の金鉱山の歴史に焦点を当てた博物館、 マイナーズ・ラスト・スタンド・ミュージアム(Miner’s Last Stand Museum)もあります。 アラスカ州タルキートナ タルキートナは、 パークス・ハイウェイから 14 マイル離れた場所にあり、テレビ番組 Northern Exposure にインスピレーションを与えていることで有名です。この地は、風変わりな居酒屋やレストランで知られており、燃料補給や最後の備品の入手にも適しています。 ザ・イグルー アラスカ州で最も珍しい観光名所の 1 つであるザ・イグルーは、 1970 年代に建設されましたが、所有者が建物規則を遵守できなかったために崩壊して、放置されたホテルです。多くの旅行者は、その大きさ(80 フィート)と朽ちた外観により、立ち止まって写真を撮ることを好みます。 アラスカ州キャントウェル この小さな町は、毎年独立記念日後の週末に開催されるキャントウェル・ミュージック・フェスティバル(Cantwell Music Festival)で有名です。また、旧デナリ・ハイウェイ(Denali Highway)の出発点でもあります。ここは砂利道で、山々や氷河の美しい景色が楽しめます。 デナリ国立公園(Denali National Park)…

Read More